Instagramのアカウントが凍結された話

〘簡単な時系列にまとめてみた〙

9月14日午後1時 下記のアプリでフォロワー整理をしていた(約2年問問題なく使えていた)

同日午後2時 開いたら知らぬ間にログアウトされていたので再度ログイン

何故か謎の表示が出る

仕方なく指示に従って画像を選んだが期待を裏切るように、この表示…溜め息が出る

これが表示されたやつ

とりあえず次の日まで放置。次の日ログインすると…あれ、入れないやん笑

 

 

インスタグラムアカウントが凍結されたら?解除の方法と原因 | インスタグラム運用・撮影代行のスナップレイス

調べてみると自分と同じ状況に陥った人が多くいた。利用規約とコミュニティ規約を読み直しても思い当たる節はなく、見覚えのない項目ばかり…14日以内に異議申し立てを行わないと消えるらしいので、とりあえず異議申し立てをする。

警察マグショット背景ストックベクター、ロイヤリティフリー警察マグショット背景イラスト | Depositphotos ®

数分後、Facebookから届いたメールの内容は真っ新な紙に認証番号・本名・ユーザー名を書き、その紙を持って顔写真を撮るというものだった。囚人のような扱いをされて冷静でいられたら苦労はしない。背に腹は代えられないと思い送ったが待てど暮らせど返事は来ない。

9月15日から連続で警告が出た場合は時間を置きながら、自身の持っている4つのメアドを駆使し異議申し立て、さらにサポートリクエストを送り続ける。当然のように返信が来ない。

気が付いたら解除されていたというケースもあるから気長に待つつもりだがFacebook側の対応にはどうも腑に落ちない点が何個もあり不信感を抱いている。

数日後か数か月後は運次第だが、万が一凍結やロックされたらすぐに異議申し立てを行う。そして、そうなる前に事前にサブ垢(避難垢)を作成しよう。